転職は裏切り行為か?罪悪感を覚えないために考えるべき事

転職は今勤めている企業への裏切り行為ではないかと考える人もいます。これは特に日本的な考え方で身近な人を大切にしようとする精神が現れたものといえます。

しかし、転職は個人の自由でもあるため、罪悪感があるのであれば別な面から考えることも重要なポイントになります。

 

1.人間は自分の幸福を追求する権利を持っている

 

基本的な考え方として覚えておきたいのは、個人は企業のために働いているのではなく、企業を通して社会のために働いていることです。

その社会の中には自分の存在も含まれており、当然自分のために働いても良いことになります。

企業に入る際には企業の利益が重要だと叩き込まれるのが普通ですが、これは企業教育として当たり前のことです。

一方で、人間は個人の幸福の追求のために働く権利があり、税金や社会保障といった形で社会へ利益の一部を還元しています。

根本的に重要なのは人間であり、企業よりも優先度が高いのです。

もちろん、企業の維持によって得られるものもありますが、一つの企業に固執すれば競争も生まれなくなります。

より豊かな社会や生活を目指すためにも待遇面での競争は重要になるのです。

 

2.転職が裏切りなら、企業も転職者を受け入れられない

 

転職が裏切り行為であり、裏切りを悪とするのであれば、どんな会社も転職者を受け入れられなくなります。

これは社会にとっても大きな問題で、様々な経験を持つ異業種からの人材を引き入れられないことになります。

優秀な人材を他社から引き抜くこともできないため、人員が足りなくなれば業務自体に支障が出てくる可能性もあります。

お世話になった人への恩義や、育ててくれた企業への感謝を別として、転職を認めることは企業にとっても重要な事なのです。

自社の人材は手放したくなく、優秀な人材とであれば交換したいなど、経営上の駆け引きも存在するため、ただただ善悪で判断することは危険とも言えます。

優秀な人材を育てたいなら、待遇や環境を確保するのも企業の責務であり、常に改善の対象として考えるべき大切なものなのです。

 

3.自分の人生の責任をとるのは会社ではない

 

裏切りかどうか考える際にもう一つ考えたいのが、企業の責任と自分の責任は全く別ということです。

業務上での過失などは企業が責任を負うべきことですが、自分の人生の全てに企業が責任をとってくれるわけではないのです。

あくまで、条件などの合意の上で人材を雇っているだけであり、プライベートな事に関しては自分で責任をとる必要があります。

一方で、結婚や出産、子育てなどで事情は変わるものであり、就職時と転職を考えるタイミングでは同じものなどないのです。

働けばそれだけ実務経験が増え、転職の際にも様々な選択肢が増えてきます。

年齢的に仕事の選択肢が狭まることもありますが、それも含めて会社のせいにする事は出来ないのです。

自分の納得できる人生を送るために、転職が重要になることもあるのです。

 

転職は裏切りではない

 

転職は裏切りではない根拠をまとめると以下の点があげられます。

・人間に幸福を追求する権利がある
・転職が裏切りであれば転職者を受け入れることもできない
・自分の人生の責任をとれるのは自分

幸福を追求する権利は基本的な人権として憲法で保障されており、転職が裏切りであればどの企業も転職者を受け入れることもできなくなってしまいます。

社会の流動性を保つためにも重要なポイントであるだけでなく、会社が出来ることには限界があることも踏まえ、自分の人生には自分で責任をとる覚悟も重要になるのです。

人生を人任せにしないのが転職のポイントにもなっています。

誰にも聞けない退職実務|エン ミドルの転職

経理担当者のための転職心得を紹介します

会社のバックオフィスに必ず必要な人材として上げられるのは経理です。

特に専門職の強い仕事となるので企業側も新卒を一から育てるという形よりもある程度知識のある担当者を中途で採用することが多く。

また、急な退職に対応するために経理経験者を求める場合が多いです。そのためにも転職には多少のコツが必要です。

 

1.簿記以外に必要な経理スキル

 

転職の際に必要なスキルとして履歴書上で重要視されるのは「EXCELスキル」です。膨大な量の数値を扱う経理の仕事はEXCELを駆使することが多いです。

EXCELが使いこなせるか使いこなせないかで、会計数値を取りまとめる時間や正確性が大きく変わります。

そのため企業が求める経理の人材には簿記知識はもちろんんことEXCELスキルが大前提となります。そのもっともたるスキルに「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」があげられます。

履歴書にスキルが記載されているかどうかで人事担当者及び会計担当者はあなたがどれくらいEXCELを使いこなせるのかを一目でわかるすばらしい資格です。

いくら私はこんな風に数値を集計できますといってもやはり資格あるとないとは心象が違います。資格取得自体は独学でとても大変というものではありません。

業務で使っている方ならば資格取得が出来る可能性が高いので、転職活動を行う前に一度チャレンジしてみてください。

PCスキル以外に必要なものは「英語」です。現在、海外に拠点を事業所がある会社も少なくありません。

英語が話せなくても書類上英語を使う。

ほとんど必要ないけれど海外事業所の経費を精算するのに領収書が英語記載になっているためある程度の知識は必要になる。

シチュエーションはさまざまです。「英語検定」「TOEIC」など英語スキルに関する資格は多種多様あります。

外資企業などを転職先の候補に挙げている方はこちらも有利に転職を進めることが出来るのでオススメです

 

2.転職活動するときは必ず転職エージェントを利用する

 

新卒での入社と違い転職活動は自分ひとりではなく、転職エージェントを利用することが大切です。

エージェントを利用することにより自分ひとりではとても集められない求人数の中から自分の希望に合った条件をある程度絞って紹介をしてもらえます。

その点でも通常の仕事を抱えて転職活動をする負担が減ります。

自分の転職を希望する企業で働く人の雰囲気などエージェントの方から話を聞けたりと事前の情報がたくさんもらえるのもメリットです。

現在の転職状況などを話が聴けるなど自分にとってメリットが多いんで一度は利用してみると良いでしょう。

転職の勝ち組になるには「正しい求人選び」が重要 | パソナキャリアの転職

 

3.経理の求人数は圧倒的に秋口から急増する

 

なぜ秋口に求人が増加するのか?その答えは決算時期にあります。日本の企業の多くの決算期は3月です。

人材が付属している経理部に関して、繁忙期といえる3月及び4月に採用するということはまずありません。

採用したところで業務を教えたりする余力がそもそも決算期におけるチーム内ではないに等しいからです。

逆に言えば、一番経理という仕事が繁忙期を迎える4月の決算処理作業を行う人材を採用するのは逆算して半年ほどまえです。

そう、10月、11月ごろに採用をして会社に慣れてもらう意図に加え月次作業を数回繰り返すことにより決算に向けての基礎知識を増やすということです。

そのため、多くの企業は年末年始前を避けて秋口に経理の求人採用を始めることが多いためです。

 

以上の観点から

 

効率的に転職活動を行うには、秋口に転職活動をはじめることを目標に夏頃までに必要な資格を取得する。

夏から秋にかけて転職エージェントに登録し、エージェントと具体的な転職活動の話を聴く。

秋口の求人が増えるころに本格的な転職活動を行うことにより多くの優良な求人に出会うことができます。

転職が年金にも大きく関わる理由とポイント

転職は年金にも大きく関わってきます。厚生年金は納めた金額が多いほど将来的な受取額が増えるだけでなく、所属する組織によっても年金システムに違いがある場合もあります。

また、会社で独自に年金の積み立てを行っている場合もあり、老後の安定のために見逃せない要素となっています。

 

1.所得が大きいほど年金も増える

 

厚生年金は所得が増えるほど納める額が多くなり、将来的に貰える年金も多くなります。

国民年金の場合でも追加で納めて将来的な受給額を増やす制度がありますが、限界もあるため金額も限られた額になります。

単純に転職に成功して収入が増えれば、将来的に受け取れる年金も増えることになるのです。

これは大きなメリットで、特に中小企業などで昇給に限界がある場合は転職が現実的になる瞬間でもあります。

年齢的に転職が難しくなる年齢もありますが、将来を考えた上で今の仕事を続けられるかを冷静に考えることも重要なのです。

退職金制度などがしっかりしていない企業も存在するため、福利厚生の制度から見直し、早目に転職を行うのも一つの方法なのです。

 

2.公務員は年金の仕組み自体が違う

 

公務員の場合は厚生年金と違い、共済制度に入ることになり、年金の支給額でも若干の優遇を受けることができます。

これはかなり有利な点と言われている半面、民間との格差是正も叫ばれており、縮小の範囲で見直しが進んでいる分野でもあります。

それでも割がいいと言う面は否定できず、公務員が人気の理由の一つの理由にもなっています。

ただし、年金だけに着目して転職を考えるのは考え物で、公務員は出世が遅く、年収が増える速度が遅いと言う欠点もあります。

これは昇給のタイミングが限られているだけでなく、ポストの数などの問題もあるためで、総合的な判断が必要になる部分でもあるのです。

また、単純に競争が厳しく、転職自体が難しい現実もあります。

 

3.会社で独自の年金制度を運用していることも

 

大企業に多いのが、独自の年金制度を取り入れていることです。

これは給与の一部を年金用の運営資金としてプールし、資産運用をすることで増やして社員に還元するシステムとなっています。

定年だけでなく、途中退職であっても受け取れるのが基本であり、個人年金よりも利息が高い場合もあります。

ただし、運用に失敗して減ってしまうケースもあることに注意が必要です。運用方法自体を自分で選べるケースもあるため、自分の納得する方法を選ぶことも大切になります。

 

転職で年金を増やすことは重要

 

年金は転職の影響も受けるものです。

・所得が増えるほど将来の年金が増える
・公務員になれば年金支給率自体が上がることが多い
・会社で独自の年金制度を運用しているケースもある

このように、様々な面で年金が上下するため、今の手取りだけでなく、将来的に受け取る年金額を増やすために転職を考えるのも一つの考え方なのです。

老後のためにお金をためる重要性が叫ばれている一方で、貯金が苦手な人もいます。

自分がためやすい職場を選ぶことも大切で、転職の苦労が年金額として報われる場合もあるのです。

年金手帳って再発行してもらえるの?|エンジャパンの転職大辞典

家族のためのUターン転職も多い

少子高齢化が叫ばれる日本ですが、子育てをしやすい環境や、両親の介護のためにUターン転職をする人も多くいます。

地方では土地や物価が安いものの、収入面で厳しくなる現実もありますが、それよりも家族のためにと選択肢に入れる人も多いのです。

 

1.環境の良さがポイントになる

 

Uターン転職のメリットは、子供のころから慣れ親しんだ土地で働けることから、地域のつながりを生かしやすく、首都圏よりも緑が多いなど環境が良い場合が多いのがポイントになります。

地域のつながりが強いため、子供を育てるにしても近所の人や親族の助けを借りられるなど、人手が確保できるのが何よりの魅力になっているケースもあります。

農産物が手軽に買えるなど、食生活の面で豊かになるケースも多くなっています。

首都圏では物価が高いだけでなく、シッターサービスなどを活用すればかなりのお金がかかってしまうこともあります。

支出のバランスを考えた際にもUターン転職の方がメリットが大きい場合もあるのです。

 

2.収入が下がるケースが多いことは注意が必要

 

Uターン転職のデメリットは働く場所の確保の問題と、給与が下がるケースが多いことがあげられます。

これは首都圏の方が給与水準が高いためで、しっかりと確認しておかないと生活水準自体の見直しを迫られる場合もあるのです。

その分家賃が安くなる等固定費が浮くケースも多く、差し引きで考えることも大切です。

給料だけで仕事を選ぶと思わぬ落とし穴にはまってしまうこともあり、計画的な行動が重要なのです。

知り合いに仕事を紹介されたなど、ごく親しい身内の内で内定が決まったとしてもしっかりと条件を固めておくことも重要です。

これは土壇場になってから話が違ってくると大きな損失に繋がるからで、契約書などの確約をとっておくこともポイントです。

 

人の手を借りることも重要になる

 

Uターン転職で地方に戻った際は、首都圏よりもサービスの選択肢が少ないことも多く、お金で解決できないことも増えてしまいます。

困った時は近所の人を頼るなどコミュニケーションを大切にできるかも重要なポイントです。

特に介護や育児を少人数で抱え込んでしまうと精神的な負担や疲労を溜め込みやすくなってしまいます。

首都圏であれば家事代行を利用できますが、地方ではそれも難しくなります。

困った際はお互いさまと思って人手を借りることも重要で、逆に困った人がいれば助け合う気持ちが地方ならではのコミュニケーションの一つとなっています。

 

メリットデメリットを正確に

 

Uターン転職を甘い気持ちで行っても後悔してしまう可能性があり、要点をまとめておくことは重要です。

・環境の良さを生かす
・収入は下がることも多い
・人手を借りることも大切

Uターン転職はメリットだけという訳にもいかないため、きちんとでメリットとデメリットを比較し、計画的に転職を行う必要があるのです。

特に地方では助け合う文化が強いため、近所づきあいなどのコミュニケーションが大切になることも増えます。

手を借りるのも手を貸すのもお互いさまという広い気持ちでいることも重要で、その行動が自分や家族にプラスで帰ってくることも多いのです。

Uターンでメーカー研究職への転職。関西での転職成功事例を公開

経験を生かしてコンサルタントに転職する方法も

様々なサービス業が生まれる中で、コンサルタント業務は常に需要がある分野といえます。

これは最適な資源や人材、機材を配置することで資金の節約だけでなく積極的な拡大戦略も取れるようになるからです。

自社の人材だけで不足することはコンサルタント会社に相談するようなケースも多く、市場規模としても非常に大きいのが魅力です。

 

1.様々なコンサル業務があるのも魅力

 

コンサルタントといっても、IT関連のコンサルタントや人材コンサルタント、経営コンサルタントなど業務は様々なです。

コンサルタント企業として人員を派遣している場合もありますが、個人事業主として活躍している人材もいます。

自分の経験を活かしやすいのも特徴で、それぞれの業界や分野のコンサルタント業務があると言っても過言ではないのです。

コンサルタントを目指すのであればまず重要になるのが経験と知識です。また、最新の業界情報にも詳しく無ければコスト競争に負けてしまう場合もあります。

会社の中で営業とセットでコンサルタントを行う場合もあるため、様々なサービスに対する知識は必須といえます。

 

2.共感力がポイントになる

 

コンサルタント業務は機材などの固定費が少なくて済むのも魅力です。

もちろん様々な情報を調べるだけでなく、機器や人材の手配のためのコネクション、法律上の知識や資格などが必要になる場合もありますが、設備投資にお金を使う必要はないため独立開業も行いやすいのです。

もちろん、ノウハウを学んで、ある程度の経験や実績を持っていないと顧客をつかむことすら難しいと言う現実もあります。

まずはコンサルタント会社に転職して経験を積むのが基本となります。

コンサルタント会社に入る場合は、最低限の計算が出来るだけでなく、高いコミュニケーション能力が必要となります。

これは顧客の抱える問題点を正確に把握するために必要な事で、会話の能力の高さだけでなく相手の考えに共感する力が求められるのです。

共感力が高ければ多少未熟でも顧客をつかむ力になることもあります。

 

3.利益率が高いのもポイント

 

コンサルタント業務は利益率が高いことも多いのが特徴です。

これは元手になる資材などが不要になるためで、しっかりとした顧客を掴めば資料の制作費用や人件費を除いてすべてが収益となるからです。

手続きなどの代行を行った場合は必要経費に代行のための手数料を上乗せして請求できるため、金額も大きくなる傾向にあります。

とくに大規模なプロジェクトや投資案件に関しては大きな利益になるだけでなく、実績にも繋がります。

転職先を探す際にも実績があるコンサルタント会社を見極めて選ぶのも重要で、ハードルが高い分入社後の実りも大きくなるのです。

IT関連会社のITコンサルタントに転職/リクナビNEXT[転職サイト]

 

業務の幅が広く、利益率が高いのが魅力

 

コンサルタント業務には様々なメリットがあります。

・コンサルタントの種類自体が多い
・共感力があれば顧客の心をつかみやすい
・利益率も高い

独立開業も視野に入れやすい業種であり、人件費以外の費用があまりかからないのが大きな特徴です。

しかし、その分競争も激しいため、しっかりとした下積みをする必要があります。

実績のある会社に転職して勉強行う等、大きな事業規模のコンサルタントにもかかわることで、自然と能力も養われるのです。

転職の際には現場の経験を活かしやすいのもポイントといえます。

大手企業への転職とその3点のメリット

転職活動を行う方々は、大手企業を望むケースが大変多いです。現在お勤めの会社に対する不満点が、そこへの転職によって解決できる見込みが大いに考えられるからです。

大手企業には様々な特徴がありますが、主な点としては安定性と給料とやりがいの3点が挙げられます。

 

1.会社は比較的安定している

 

まず大手の会社の場合は、安定度は比較的高めな傾向があります。というのも大手の会社では、資金体力などに余裕があるケースも多いからです。

中小規模の会社の場合は、必ずしも余裕があるとは限りません。資金体力には限界があるので、経営状況に不透明感があるケースも決して少なくないのです。

ところが大手の場合は資金体力も余裕があるので、それだけ安定感がある所も目立ちます。会社の経営なども、簡単には傾かないからです。

 

2.勤め先の経営が不安なので大手に転職

 

前述のようにが中小規模の会社で働く方々の中には、その不透明感に関する大きな不安を覚えている方も見られます。

先行きが不透明となると、精神的なストレスも大きくなってしまうでしょう。

しかし大手企業ならば比較的安定している事も多いので、中小企業から大手に転職をする方などは珍しくありません。

現にそれで安定性を確保した方も、多く見られます。

 

3.会社の給料に不満がある

 

それと会社勤めをする多くの方々の中には、現在の給料が少々不満だと感じている方も見られます。

例えば現在の会社から、毎月25万円を受け取っているとしましょう。

ところが、それでは不服な方も見られる訳ですね。会社で頑張っているにもかかわらず、25万円では少々少な過ぎると思う方々もいる訳です。

 

4.収入が高めな大手に転職をする

 

ところが大手の場合は、総じて収入が高めな傾向があります。前述のように大きな会社は、資金体力には比較的余裕があるからです。

それで従業員に対して、ある程度高めな給料を支給できる会社も目立つのですね。

上記のような月収25万の方が、大手に転職をした事によって、30万などにアップする事もあります。実際大手としては、優秀な人材ならば多少高い給料を出してでも雇いたい所もあるのです。

ですので給料に不満があるなら、大手への転職を検討してみるのも良いでしょう。

 

5.大規模プロジェクトのメリット

 

それと大手の会社の場合は、仕事も比較的大規模になる傾向があります。何せ会社がとても大きいので、手がけるプロジェクトなども大きくなりがちです。

中小企業の場合は資金的な限界があるので、手がけるプロジェクトが比較的小規模になる事も目立ちます。

そして人によっては、小規模なプロジェクトではやりがいを感じられない事もあるのですね。その場合は大手に転職をして、やりがいのある仕事に挑戦してみるのも一法なのです。

 

大手企業の3つのメリット

 

つまり大手の会社に転職をするメリットとしては、主に次のような3点になるでしょう。

・経営の安定性
・収入の高さ
・大型プロジェクトによるやりがい

大手の会社には、このように複数の魅力がある訳ですね。

現在お勤めの会社が小規模で、何らかの不満点などがあるならば、大手企業への転職は選択肢の1つになり得るでしょう。

 

転職成功のコツは計画性と将来性

 

安易な転職は自分のキャリアに悪影響を与えるだけでなく、収入減にもつながることがあります。

条件が良い場所が見つかっても必ず受け入れて貰えると言う保証はないため、計画的に挑む必要があるのです。

 

1.転職は長期視点で見るのが基本

 

転職の基本は長期的な視点で見ることにあります。

これは条件が良くても実際に面接を受けてみると違っているケースもあり、本当の意味で条件が合うところは限られてしまうからです。

また、条件が合致することが少なければ、それに落ち続けた場合のことも考えておく必要があります。

仕事をしながらの転職は非常に難しく、特に時間の管理に追われることになります。面接日程のすり合わせなどに苦労する場合も多く、有給などがなかなか取れない場合は忙しすぎて転職活動すらままならない場合すらあります。

仕事をやめて転職活動に専念する方法もありますが、どちらにせよすぐに決まるとは限らないため、ある程度の経済的な余裕を作った上で挑むなど、計画性が重要になるのです。
 

女性で転職を考えてる人は、《女性にもおすすめできる転職サイト》を参考にして決めるのがおすすめです。
 

2.条件は冷静に分析すること

 

転職の際は条件を冷静に分析することが大切です。

今の待遇に不満があっても、転職したから改善されるとは限らないのです。また、給料面や労働時間の待遇が良くても、実際にはサービス残業が多いなど乖離が大きい場合もあります。

可能であれば働いた経験がある人からの情報や、口コミを確認することも重要で総合的に割に合うかを考えることも大切です。

また、人間関係が嫌になって転職するのであれば、また別の人間関係で問題が起きるケースもあります。

転職経験が少ないのであれば同じような問題の繰り返しになるケースもあり、どの程度問題が根深いか考えておく必要もあります。

配置転換の可否や人権関係の専門部署や窓口がある大手を選ぶなど、待遇以外の福利厚生を基準とするのも重要で、様々な観点で見た方が転職の繰り返しを防ぐこともできます。

 

3.キャリアアップを考える方法も

 

転職はマイナスではなく、キャリアアップのために必要という見方もあります。これは一つの企業では取得できスキルが限られる場合や、取得までに時間がかかり過ぎるケースがあるからです。

中小企業の方が現場に出やすいなどそれぞれにメリットがあるため、最終的なキャリアから逆算して転職先を選んでいく方法もあり得ます。この場合は待遇よりも将来性や、在籍期間をシビアに考えるのも重要です。

資格を取りながら独立開業を目指す等、より多くの選択肢を得たい場合は、いつまでに目標を達成することを前提にするなど、やり遂げようとする意識が大切になるのです。

 

転職成功の鍵とは

 

転職を成功させるには基本となる点が3つあります。

・長期視点で考えること
・条件は冷静に整理すること
・キャリアアップを目指すなら目的を明確にすること

です。転職活動は始めてから成果が出るまでに時間がかかることも多く、ただ転職しても違和感を覚える結果になってしまうこともあります。

時間に追い詰められないように計画性と余裕を持って行動するのが基本であり、そのための条件を冷静に分析することも重要なのです。

また、キャリアアップを目指すのであれば目標を明確にし、期間を決めた上で、合理的な判断を行っていくことが大切です。