転職が年金にも大きく関わる理由とポイント

転職は年金にも大きく関わってきます。厚生年金は納めた金額が多いほど将来的な受取額が増えるだけでなく、所属する組織によっても年金システムに違いがある場合もあります。

また、会社で独自に年金の積み立てを行っている場合もあり、老後の安定のために見逃せない要素となっています。

 

1.所得が大きいほど年金も増える

 

厚生年金は所得が増えるほど納める額が多くなり、将来的に貰える年金も多くなります。

国民年金の場合でも追加で納めて将来的な受給額を増やす制度がありますが、限界もあるため金額も限られた額になります。

単純に転職に成功して収入が増えれば、将来的に受け取れる年金も増えることになるのです。

これは大きなメリットで、特に中小企業などで昇給に限界がある場合は転職が現実的になる瞬間でもあります。

年齢的に転職が難しくなる年齢もありますが、将来を考えた上で今の仕事を続けられるかを冷静に考えることも重要なのです。

退職金制度などがしっかりしていない企業も存在するため、福利厚生の制度から見直し、早目に転職を行うのも一つの方法なのです。

 

2.公務員は年金の仕組み自体が違う

 

公務員の場合は厚生年金と違い、共済制度に入ることになり、年金の支給額でも若干の優遇を受けることができます。

これはかなり有利な点と言われている半面、民間との格差是正も叫ばれており、縮小の範囲で見直しが進んでいる分野でもあります。

それでも割がいいと言う面は否定できず、公務員が人気の理由の一つの理由にもなっています。

ただし、年金だけに着目して転職を考えるのは考え物で、公務員は出世が遅く、年収が増える速度が遅いと言う欠点もあります。

これは昇給のタイミングが限られているだけでなく、ポストの数などの問題もあるためで、総合的な判断が必要になる部分でもあるのです。

また、単純に競争が厳しく、転職自体が難しい現実もあります。

 

3.会社で独自の年金制度を運用していることも

 

大企業に多いのが、独自の年金制度を取り入れていることです。

これは給与の一部を年金用の運営資金としてプールし、資産運用をすることで増やして社員に還元するシステムとなっています。

定年だけでなく、途中退職であっても受け取れるのが基本であり、個人年金よりも利息が高い場合もあります。

ただし、運用に失敗して減ってしまうケースもあることに注意が必要です。運用方法自体を自分で選べるケースもあるため、自分の納得する方法を選ぶことも大切になります。

 

転職で年金を増やすことは重要

 

年金は転職の影響も受けるものです。

・所得が増えるほど将来の年金が増える
・公務員になれば年金支給率自体が上がることが多い
・会社で独自の年金制度を運用しているケースもある

このように、様々な面で年金が上下するため、今の手取りだけでなく、将来的に受け取る年金額を増やすために転職を考えるのも一つの考え方なのです。

老後のためにお金をためる重要性が叫ばれている一方で、貯金が苦手な人もいます。

自分がためやすい職場を選ぶことも大切で、転職の苦労が年金額として報われる場合もあるのです。

年金手帳って再発行してもらえるの?|エンジャパンの転職大辞典

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です